審美歯科治療で歯肉を美しくする

審美歯科治療では歯肉を美しくする治療もあります。歯肉の治療はメラニン除去や歯肉整形などがあります。歯肉の黒ずみの原因になるメラニンを除くのがメラニン除去で、歯茎のラインが不揃いだったり笑ったときに歯茎が出すぎてしまうのを改善治療するのが歯肉整形です。

歯肉の黒ずみはメラニン色素が原因となる場合が多いといわれています。このメラニンはタバコやカフェインなどの直接的な刺激から歯茎を守るために発生するのです。タバコを吸う習慣のある人は、メラニン色素が沈着しやすく、歯茎の黒ずみが見られます。タバコは口内環境にも悪影響になります。

審美歯科治療ではメラニン色素が原因となる、歯肉の黒ずみをフェノールアルコール法という方法を使って除去します。このフェノールアルコール法という方法は、薬を使って、歯肉の黒ずみを除去するのですが、2回ほど治療すればほとんどの黒ずみがとれます。治療をする時は麻酔無しで大丈夫です。

審美歯科治療で歯肉の黒ずみを除去することはできますが、歯肉の黒ずみに関しては1年ぐらいで再発をしてしまうことも多いようです。歯を清潔に保つことはもちろんですが、歯茎のケアにも気をつけることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。