審美歯科治療の歯列矯正

審美歯科治療では歯列矯正という治療もあります。歯は力を加えられるとその方向に動くという修正機能があるのです。その性質を利用して口の中に矯正で使用する器具を入れ、その器具が歯に対して一定の力をかけ続けることで歯を動かします。この歯列矯正をすることで歯並びの悪さや、かみ合わせの悪さを解消することができるのです。

審美歯科治療の歯列矯正は、削った歯の上にセラミック製のさし歯のようなジャケットクラウンと呼ばれるものをかぶせたり、ラミネートベニアと呼ばれるものを貼り付けたりする治療方法があります。しかしこれらの方法は健康な歯を削ることになるので、時間がかかっても器具を使った歯列矯正をおこなう方法をお勧めします。

審美歯科治療で使われる歯列矯正の器具は、現在では歯の裏側につけるものが開発されました。今までの器具だと歯の表面に出て、人前に出る時には気にしてしまう人も多かったようです。今ではそのようなことはないので、器具を使用した歯列矯正で歯並びを改善することをオススメします。

歯列矯正の期間は、個人差はありますが、だいたい2年から3年というが一般的だそうです。3年以上かかる人もいるそうなので、気長に治療を続けることが大切だといえるでしょう。また成人よりも子供のほうが、歯がよく動くそうなので、子供のうちから歯並びが気になったら歯列矯正をおこなうほうが一番いいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。