審美歯科治療でホワイトニング

審美歯科治療ではホワイトニングという方法で歯を白くする治療をおこなっています。歯のホワイントニングは、黄ばんでいる歯を薬の力で漂白する方法のことですが、外国ではブリーチングという呼び方をされます。この意味は同じだそうです。

審美歯科治療でホワイトニングをおこなうのは黄ばんでしまった歯を白くすることが目的ですが、どうして歯が黄ばんでしまうのでしょうか?歯が黄ばんでしまうのには理由が、加齢だったり、生活習慣が原因だったり、遺伝が原因になることもあるようです。

歯を白くする為には、以前は歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりする方法しかなかったようですね。審美歯科治療のホワイトニングという方法では、歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って漂白をしたり、個人の歯に合わせて作られたマウスピースにジェル状の漂白剤を入れて歯に装着する方法などで、歯自体を白くすることが出来るようになったのです。

審美歯科治療のるホワイトニングでは過酸化水素を主成分とした薬剤を使います。過酸化水素の薬剤と聞くと身体に悪いのではないか?と、あなたは引いてしまうかもしれませんが、決してそんなことはありませんよ。体内に入っても安全で害の無いものということで認められているそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。