審美歯科治療と美容歯科との違い

審美歯科治療と美容歯科との違いはどこにあるのでしょう?『審美』という語句も『美容』という語句も、『美』という字があるので普通に考えてしまうと、どちらも同じ意味のように思えますよね。でも実際は違うようです。ここでは審美歯科と美容歯科の違いをお伝えしていきます。

審美歯科と美容歯科は同じとして捉えがちですが、実際はそうではないのです。審美歯科は歯の機能回復を大切にしながら、美しい歯並びや、美しい口元、そして美しい笑顔を手に入れることができることを目的としています。そして、それを長期間保つことをも目的としているのです。

審美歯科治療には『セラミック治療』、『ホワイトニング』、『ラミネートベニア』など、他にもさまざまな治療法があります。審美歯科は歯の機能そのものを回復するためにおこなうもので、見た目の美しさだけでおこなう治療ではないのです。また、機能改善が大切な目的なので美容と違い、男女は関係なく治療をおこなっています。

美容歯科は、主に美容外科に併設されている歯科での治療を言う事が多いようです。そのため見た目に重点を置いている場合が多く、見た目を重視した歯の治療を主におこなっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。